Rita Hayworth and Shawshank Redemption

 映画「ショーシャンクの空に」の原作小説スティーヴン・キングの「刑務所のリタ・ヘイワース」(Rita Hayworth and Shawshank Redemption)を読みました。ついでに、映画も久しぶりに見ました。

 ショーシャンク刑務所に服役することになった、無実の終身刑囚人アンディーの物語です。で、ショーシャンクってどこにあるのかなと、たぶんこの小説を読んだり、映画を見た方は思うのではないでしょうか。これは、ニューイングランド地域のメイン州にあるらしい。スティーヴン・キングではおなじみの州ですね。

 それと、リタ・ヘイワースって?
 この物語は、1947年から始まっていて、その当時のアメリカの女優さんですね。
 脱獄するために掘った壁にポスターをはって隠していたんですが、最初はリタ・ヘイワースだったんですが、マリリン・モンロー、ジェーン・マンスフィールド、ヘイゼル・コート、ラクエル・ウェルチ、リンダ・ロンシュタットと貼り替えられます。なんせ脱獄するまでに25年間穴を掘り続けていたわけですから。

 この物語の語り部、レッド、映画ではモーガン・フリーマンが演じていますが、これがいい味だしてますよね。
 小説も面白かったのですが、これは、映画のほうが成功しているかもしれないです。
 
 この物語、脱獄ものではあるんですが、アンディーとレッドとの友情の物語でもあるあたりが、魅力じゃないかなと思いました。

 語り部のレッドは、東海岸北部のショーシャンク刑務所近くのポートランドのブルースターホテルから、メキシコ国境近くのテキサス州、そして、メキシコへと逃亡するわけですが、グレイハウンド・バスを使ってニューヨーク経由でテキサスまで行ったみたいです。映画「真夜中のカウボーイ」でもニューヨークからマイアミに行くシーン、このバスでしたね。ビリー・ジョエルの曲にもでてきたりして、バスってアメリカではなんか特別の意味を持つことがある気がする。
 ま、日本なら、上野発の夜行列車、降りたときから~。みたいなもんかなあ。

 明日は、クリスマスイブ、皆さん楽しい予定があるんでしょうね。
 私も一応、ちょっとは予定があります。
 メリー・クリスマスですね。とはいえ、クリスチャンじゃないけど。
 あ、でも、高校生の時には、教会に行ってました。好きな女の子がいたので。
スポンサーサイト



テーマ : 今日のつぶやき。
ジャンル : 日記

プロフィール

なお

Author:なお
にほんブログ村に参加しています。
☆ポチしていただけると嬉しいです☆


にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ファッションブログ ユニセックスファッションへ
にほんブログ村

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 女装(ノンアダルト)へ
にほんブログ村

201410271648194fa.png
くわしくはこちらまで→
http://arctos2.blog133.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
健康BMI
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
フリーエリア
ブロとも一覧
おざなりくまちゃん、姑息に対処 するかも  ね♪
御中根 蕗菜 です
saina:にぶんのいち
みきの日曜日
マコれふ
徳床公太郎の夢日記
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる